加圧シャツを着用して筋トレするとどれだけ効果アップするのか

加圧シャツを着用しているだけで筋肉が鍛えられると言います。
さらに、着用した状態のまま筋トレを行うと、効果がアップするそうです。

・どれだけ効果がアップするのか?
・なぜ効果アップするのか、その仕組みとは?
についてみていきましょう。

-どれだけ効果がアップするのか?
どれだけ効果がアップするのか、個人差があり、トレーニング内容や体質によっても異なりますが、通常の筋トレや、加圧シャツを着用しているだけの状態のときに比べて、効果アップすることは確かです。

実際に着用して筋トレした方による、
・自己流の筋トレをはじめたのに、中々効果を得られなかったけれども、加圧タイプのシャツを着用しながらトレーニングを行うようになってから、筋肉が少しずつついてきた
・筋トレをずっと続けてきて、このところ、筋肉があまり育たなくなったように感じていたが、着用して行うようになってから、また筋肉が育ってきたように思う
といった意見もあります。

個人差はありますが、着用した状態でさらに鍛えることによって、効果アップします。

-なぜ効果アップするのか、その仕組みとは?
なぜならば、ずばり、ダブルで効果を得られるからです。

どういうことかと言うと、
▼効果①:加圧シャツでの効果
着ているだけで加圧されて、筋肉を鍛えることができます。
着用時は常時、加圧によって筋肉に負荷がかかっている状態なのです。
たとえば、24時間着ることによって、24時間トレーニングを行っている状態を作り出すことも可能となるのです。

▼効果②:筋トレでの効果
着用しながら、さらに、筋肉へ負荷をかけるトレーニングを行うことにより、相乗効果が生まれます。
加圧シャツによる負荷が既にかかった状態で筋肉トレーニングをすることで、さらに負荷をかけることが可能となるのです。
加圧効果のない通常の服を着用しているときに比べて、同じトレーニングメニューであっても、効果がアップする、というわけなのです。

では、なぜ、加圧シャツと筋肉トレーニングによって筋肉が作られるのか、その仕組みについてもみていきましょう。
まず、筋肉が出来上がる仕組みとしましては、トレーニングや加圧による負荷がかかることで、筋肉が傷めつけられます。
痛めつけると聴くとよくない気がしますが、筋肉をトレーニングする上では重要なことなのです。
痛めつけられた筋肉は、やがて回復していきます。
この回復時に、より大きく筋肉が育つのです。
続けていくうちに、筋肉の量が増えていくため、見た目にも変化があらわれます。
しかし、通常はかなり負荷をかけるような運動やトレーニングを意図的に行わないと、中々筋肉が育ちません。
そこへ、トレーニング効果に加えて、加圧シャツの効果もプラスされるので、一層、効率が上がる、というわけなのです。

筋肉を鍛えて、引き締まったボディラインやマッチョを目指すなら、加圧作用のあるシャツでサポートして、トレーニングの効率を上げることをおすすめいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする